ノニという植物

・ノニという植物
ノニジュースのノニは「モリンダ・シトリフォリア」という植物のニックネームだ。世界中の亜熱帯地元で自生しタヒチ、東南アジア、そうして日本では沖縄、小笠原諸島、八重山諸島などで見られます。ノニは現地のポリネシア語で、「取り入れる」という意味があります。ポリネシア地元は火山熱中が活発なところが数多く、海底隆起によってできた島々がとても多いのが特徴です。その土地はミネラルなど多くの栄養分が含まれていて、ノニジュースが健康にいいとされる理由はその作られた壌土から栄養分を十分に吸収しているからなのです。ノニの木のがたいは5~8mぐらいになり、花はちっちゃな白で葉は楕円等級で太いものです。本当はごつごつしたじゃがいものような大群で、いわゆる南国のくだものという感触。通年4回開花し、わずか8ヶ月程度でくだものとなります。1ニュースの木で少しずつひとときをずらして花が咲き、くだものが実るので通年おんなじ木から実を採り積み重ねることができるというわけです。熟した実からは腐ったチーズのにおいと例えられる臭気がしてきます。こういうくだものには無数の赤い種子が集まっていらっしゃる。くだものに力強い臭いがある結果、現場でもちゃぶ台に並ぶことはあまりありません。サモアやフィジーでは惣菜にすることもあります。ビルマでは熟していないくだものをカレーに付け加えたり熟したくだものを塩気で味付けして召し上がることもあるといわれています。ノニジュースは確かに呑みがたいものです。ユーグレナ・ファームの緑汁をプレーンヨーグルトに混ぜてみました!